dust my broom

ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧

トルコ アンタルヤ クライミング 2014-15


むかし『探偵物語』の再放送を見てたら、優作が

「そうだ、トルコ行こう、トルコ」となんの脈絡もなく言い出すので、

なんで急に海外展開するんだ?? とびっくりして見てたら、ああ、昔はそういう意味で使われてたんだな、、、

と、軽く下世話なネタからの、トルコ共和国アンタルヤ、クライミングツアーです。

c0195543_17171847.jpg
結論から言うと、ほぼ正月休みしか海外ツアーできない我々にとってはいままででベストなクライミング環境だった。
メインのエリアはほぼ南面でなにしろ温かい。
日陰のエリアも日によっては快適に登れる。

だけど雨は多かった。しかし乾きは良い。夜中雷雨で、朝方やんだら、翌日朝から登れる。
染み出しはエリアによるがそう多くはない。


c0195543_17183232.jpg

人気ルート。下部7A+。


c0195543_17183794.jpg
鳥がやたら距離を詰めてくるので可愛い。


c0195543_17174577.jpg
泊まったJO.SI.TOというキャンプ場のゲストハウス。ドイツの建材を使っててとても快適。


c0195543_17175795.jpg
中に三部屋あってうち二部屋をうち夫婦とS本家で使い、あとひと部屋はイギリスから来たカップルだった。
このキッチンは共同なので、かぶると少し辛い。

c0195543_17180346.jpg
二日目は一日雨でレストになったが、さっちんグループが遊びに来てくれて、一日中ビール漬け。
EFESビールがサイコーに美味かった。

c0195543_17202015.jpg
基本的に車がなければ買い出し不可(根性があれば下の村まで8キロ歩きとヒッチハイク)
JO.SI.TOのディナーを予約する。

ここには同じようなキャンプ場がほか2軒ある。
ひとつはすぐ隣りのKEZBAN’Sで、
もう一つは大きな通り沿いのCLIMBER'S GARDEN

JO.SI.TOは一番メジャーで商業的で快適だが、夜はクライマーでごった返し、席を取るのすら難しい。
KEZBAN'Sは、勝手な推測だがJO.SI.TOを真似て地元の人が開いた、という雰囲気で、
少し寂しい感があるが、逆に席は確保しやすいかも。ここもディナーは要予約。

c0195543_17203415.jpg
これは少し離れたCLIMBER'S GARDEN のステーキ! ちょっと高い12ユーロだけど、予約もいらなくて美味しい!
ここのキャンプ場自体は一番こじんまりしてる。

c0195543_17230198.jpg

20分ぐらい歩いたところにある地元のレストランだが、看板はあるもののこんな雰囲気でとても入るのを躊躇するが、
うちの嫁が見事に切り込んでくれた。
通された階段が廃墟みたいにボロボロで、暗い証明で失敗ムードがただよったが、
上がった先にはたくさんのクライマーがいて二度びっくり。
c0195543_17205112.jpg
名物はマスのグリルだが、ぼくは鶏を食べた。
以外にもこのレストランのWIFI環境が上記3件のキャンプ場より格段に良かった(でも遅いけど)

c0195543_17185270.jpg
日曜日はレスト、8キロ下の村でバザーをやっている!

c0195543_17192330.jpg
こんなかんじで2階建てのあずま屋みたいな個室がたくさん並んでいる。

c0195543_17191132.jpg
トルコでチャイを頼むとそれが普通の紅茶で、こんなヤカンを出された。上が茶葉入り、下がお湯で、
濃いのを薄めて飲むようだ。

c0195543_17190557.jpg
コツがいる。

c0195543_17210627.jpg
必ずこの形のガラスのコップで出される。
取っ手がないので熱い。でもこのコップが好きになる。

c0195543_17194657.jpg
この日は JO.SI.TO でレンタカーを借りて、市街地まで降りてみた。

レンタカーはマニュアル、ナビ無しのフィアットの小さなセダン一択で、31ユーロ。
JO.SI.TO から一般道に上がるゆるやかなダートの坂で3速でエンストした。
少しでも登りになると容赦なくノッキングを始める。
人生で一番長く1速を多用したドライブだった。

地元の人の運転についてさんざん荒い荒いと言われたが、走ってみればまあ、ごく普通に走れる。
旧市街じゃなく、道も広くて空き地が多い新市街だったのが良かったのかもしれない。

c0195543_17200375.jpg
トルコで一番ぼくにとって切なかったのは、
地元のレストランでは何を食べてもどこかにラム的な臭いがするということだった。
スープを食べても、鶏肉を頼んでも、何かしらラム臭がする。

S本さん(A.K.A残置夫)が「ラムだっちゃ」「これもラムだっちゃ」と言いだし、
ジンギスカン好きのうちの嫁もだんだん鼻についてくる、という。

一番びっくりしたのが、トルコのあの伸びるアイス!
期待して食べたら罰ゲームみたいなキツイ臭いがする!

まあ、しかしこのへんは好みの問題だ。

あと、レストランでビールが頼めないので、持ち込んだりするのが(OKらしい)少し面倒な感じだった。

c0195543_18123704.jpg

だけどまあ、クライミングはほんとうに素晴らしい。岩場はかなり混んでいて、
順番待ちもあっったりするが、
なにせこの写真の陽のあたってるバンドのほぼ9割がエリアで、
歩いて移動できて、しかもどれも人気エリア。
これ以外にも日陰のエリアがある。

2ルンゼの隣に新エリがあり、その隣の権現があり、また隣は羽山で長屋で、、、という感じでエンドレス。

今まで正月訪れたカリムノスやスペイン、カランクなどの中ではクライミングに関しては間違いなくナンバーワン、
(生活はスペインが良かったなぁ)。


[PR]

by a_roofbeam | 2015-01-10 18:31 | クライミング
<< 自動車の話 矢掛ボルダー >>