dust my broom

ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ドイツは美しい

c0195543_562786.jpg


5時には美味いビールをくらってのんびり

c0195543_5105135.jpg


ドナウの流れ



マニュアルのレンタカーであせって加速してクラッチを焼いてしまい、

ショッピングセンターの駐車場で大渋滞を引き起こして

2時間レッカーを待ち続けたことも、ビールがきれいに流してくれます。
[PR]

by a_roofbeam | 2010-03-21 05:27 |

すごい詩人1

c0195543_2359622.jpg


吉増剛造 死の舟

学生のころ、この人とアラーキーのパフォーマンスがあって、
アラーキーめあてで行ったら完全に吉増先生に打ちのめされてしまった。

彼の詩の朗読は鬼が降りて来るようなもの凄さがあった。
一度だけでも体験できたことがすばらしかった。

もちろん活字を読んでも、彼の詩には異様に静かな気迫がある。
ちょっと引いてみる。


わたしたちは、夢の閂をうしなってしまった。ある時、老僧はふと、窓辺の塵を舐めてみた。宇宙が、少し、下ったように感じられ、”掃除をしているのだ”とつぶやく声が、聞こえて来ていた。


、、PCじゃぁ、雰囲気でねえなぁ。

まだこの本が買えるのかとアマゾンで見て驚いた。
ぼくの手元にあるこの初版本が95,000円で売りに出されてた。

9万5千円!!!

嫁に知られたら即効売りさばかれてしまう!
[PR]

by a_roofbeam | 2010-03-12 00:15 | 音楽・読書

あまり議論になるようなことは書きたくないが、

牛だってブタだって、イルカやクジラと同じくらい賢く、想像性豊かな生き物だと思う。

短い期間、東京都品川区の食肉処理場で警備のバイトをしていたが、ブタの断末魔の悲鳴はそれは凄まじいものだった。電気ショックの棒でブタを死地に追いやるのはほかでもない我々一人ひとりの食欲なのだ。実体験こそしなかったがそれを見ておいたことはよかったと思っている。

他の動物を殺して食っている我々が、
いったい、どんな思い上がりで、Aは食ってよく、Bは食っていけないといえるのだろう?

極論すればあなたも私も、植物だって殺して食べているだろ?
水だけで生命維持できる人間がいたら、その彼は抗議活動をする資格があるかもしれない。

可愛くて賢いものを殺して食べていると、強く自覚する必要がある。
ぼくらは毎日間接的にブタや牛を屠殺し、山で熊を撃ち、海でクジラを突いているんだ。

クジラやイルカにモリを打つのはぼくら全員の姿である。そのことを悲しいとか寂しいとは思うが、けして恥ずべきことではないし、非難されるようなことではない。
[PR]

by a_roofbeam | 2010-03-11 00:18