dust my broom

ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


瀬戸内国際芸術祭2010

昨日今日明日と3日間休みを取って一人参加しています。

正直毎日震えるほど感動して、同時に深く、静かにリラックスできる。
本当に来てよかったぁ。

ビールを飲みながら、瀬戸内海の島の細い路地を分け入って美術を探す。

夜は小豆島のホテルの露天風呂に使ってまたビール。

10年前、アイルランドを旅したときに、スケリッグマイケルズという世界遺産の沖合いの小島に行くべきかどうするか本当に悩んだ。渡し舟は日本円で5千円ぐらいで、当時年収200万円のフリーターの僕には、ちょっとした金額に思えた。だって毎日泊まり歩くホステル(安宿)が、一泊千円もしないんだから、金銭感覚も少しゆがんでいたかもしれない。

さんざん悩んだ挙句、チャーター船のおじさんに電話して島に渡してもらうことを決断した。
行き着いたスケリッグマイケルズは、いわゆる絶海の孤島、小さな岩の島に奇妙な鳥がたくさんすんでいて、卵を温めている。
その岩山の山頂に、石を積んだだけの修道院の廃墟があった。修道院というよりは、数人が入ったらいっぱいの小さなドームが数個あるだけの施設だが、その門をくぐった瞬間に空気が変わる。空気の流れが変わるような不思議な感覚をおぼえた。

ホステルに戻り、ベッドに入り、ぼくはたった数千円をケチってあの場所に行かなかったとしたら、ぼくはどれだけつまらない愚かしい生き方をしていることになっただろうか、と考えた。なけなしのバイト代から40万円貯金してやってきたアイルランドで、僕はあの空気に触れることが出来て本当に良かった。お金はちっとも惜しくなかった。

もちろん人間はすべてを望むことは出来ないし、これが5万円だったら結果は当然違っていたろうが、少なくとも可能な範囲でお金を使うことにためらいを感じてはいけない。

この芸術祭のために結構なお金を使ったが、それ以上のものを僕が得たことは間違いない。
結婚してもこんな贅沢をさせてもらっていることにとりあえず感謝しておこう。
[PR]

by a_roofbeam | 2010-10-20 23:12

web 0.7


[PR]

by a_roofbeam | 2010-10-05 22:22 | 音楽・読書