dust my broom

ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


関西ということ

はじめに上司に「大阪に転勤してくれ」といわれて、率直に嫌だった。
山形生まれ東京育ち(?)のぼくには関西、大阪なんて全く良いイメージがなかった。

東京に住みたくて東京の大学を受験したぼくにとって、東京を離れる事自体寂しかった。

勤務地は神戸といわれて少しほっとし、当時のぼくには多額の転勤手当と昇級に背中を押されて関西にやってきた。住居を決めるときに「北山公園の近く」にこだわった。

最初は(いまでも)カルチャーショックの連続だった。

まず最初に非常に驚いたのが、車の窓から火のついたタバコを捨てる人が多いことだった!
関東でも車に乗っていて、それで通勤したり、岩場にいってたが、車の窓から火のついたタバコを捨てる人間など見たことがなかった。関西では毎日とはいわないが、最低でもひと月に一度はそんな車を見かける。最初見たときは非常に驚いたが、いまでもこれだけは本当にがっかりしてしまう。

次に驚いたのは、バスの運転が荒いことだ。関東でもバスの運転手に多少の当たり外れはあっても、バスがクラクションを鳴らし続けたり、平然と信号を無視したり、タテマエ上一車線の道路を並走してきたりということは、東京では珍しいことだと思う。だが、我らが阪急バスは平然とこれらの行為を行っているし、深夜の回送バスとなるとえげつない運転をしてることがある。

「おはよう朝日です」を初めて見たとき、もっと言えば古くさいウサギの着ぐるみの横でエレクトーンを弾くお姉さんを見たとき、これは20年前の録画の再放送だろうか? と思った。

レストランや食堂で出される白飯のクオリティが非常に低いことがある。いまは慣れたが、最初はほんとに悲しかった。関西の料理自体は安くておいしい。だけど、白いご飯がときどき店によっては「こんなの客に出していいの?」と言うことがたびたびあり、だけど周りの人は平然と食べている。米自体が悪いというのではなく、多少べたべたでもこっちではあまり問題にならないらしいことがわかってきた。

まあしかし、そんな些細なことを凌駕するほど関西は快適だけどね。

学生の頃、古代律令制の地図を見て、なんで山形は秋田とニコイチで出羽国で、お隣は福島宮城岩手青森ヨンコイチで陸奥国なのかと素朴に疑問に思ったが、
4年前に初めて出雲大社を見たときに素直に納得できた。

「あ、日本の本流はこっちだったんだな。東北は所詮メインストリームに占領された側なんだな」
[PR]

by a_roofbeam | 2011-12-25 01:03 |