雪が降っている スキーには少し興味を失ってしまった

結局ポンツーンは行くとこまで行き着いてしまったということなんだろうか?

昨シーズンの初日、急激にスキーがつまらなくなってしまったことに気づいた。

まあ、純粋に飽きただけ、とも言える。ほぼ同じスキー場にしか行ってなかったし、他を開拓するモチベーションもなかった。

最初はすごく感動したポンツーンだが、次第に重さが疲れを生んでいることに気づいてしまった。

かと言って細板に戻れるわけでもなかった。

結局最初の一回だけで、滑ることをすっぱりやめてしまった。

まあ、無理してやるようなことじゃない。

またやりたくなるまで、眠らせておくことにしよう。

羊蹄はいつでもぼくの心のふるさとで、無くなりはしない。

[PR]
by a_roofbeam | 2014-12-17 22:40 | テレマーク